エントリー
「日本で一番事故のないまちづくり」をビジョンに掲げ、交通ルールや運転技術だけでなく、教習を通じて”思いやりのある人の心”を育むことを大切にしている「コアラドライブ 安城」の採用サイトです。

クロストーク:働き甲斐のある魅力的な仕事

クロストーク:働き甲斐のある魅力的な仕事 クロストーク:働き甲斐のある魅力的な仕事

  • 池田
    所属お客様課お客様サポート係主任

    営業・教習の両面で活躍する女性人気NO.1インストラクター!

  • 佐藤
    所属お客様課お客様おもてなし係

    若手受付スタッフ。CoaraDriveの顔として持ち前の笑顔と優しさでお客様をサポート!

  • 山下
    所属お客様課・未来創造室課長

    面倒見の良さと熱い人柄で社員から広く慕われている営業・受付・企画を統括するボス!

お仕事の内容

山下
これまで営業とフロント業務を兼務していましたが、2019年4月から企画と営業を担当しています。
佐藤
受付でフロント業務を担当しています。入校の手続きや電話応対、初めて来校されたお客様の応対をしています。
池田
基本的には山下のもとで営業を担当していますが、仕事の半分は教習です。営業と教習を掛け持ちしています。

お客様を引き付ける理由

池田
入社する際に「自動車学校は教習業ではなく、サービス業です」と言われて、その考え方にとても共感したことを覚えてきます。
山下
サービス面でいうと、様々なお客様の受け入れ態勢や、会社全体を通してのイベントがありますが、教習中の信頼関係の作り方と、そういったサービスとは別のものと考えています。池田は人気のあるインストラクターですが、教習の中では「サービス」を意識していないと思いますね。
池田
教習指導では、この時間内にできてほしいことを達成してもらうことを目標にやっています。ただ、当然、全員が目標を達成できるわけではないので、必ずまず出来ていることを褒めます。そうするとお客様もやる気になってくれますし、楽しくなるように大げさにほめることも心がけています。
山下
ボーリング大会などのイベントをやるときに、お客様を一番集めてくるのが池田です。卒業生が免許証を見せに来てくれる割合も一番高いです。アドバイスを手書きしたノートやメモを渡したり、お手紙を出すときも、一件ずつ手書きして渡したり。
池田
一人一人にお手紙を書いているときは大変ですが、卒業後に取得した免許証を見せに来てくれたり、「今度兄弟が入学するので、お願いします!」と言われたり、そういうお客様の声があることが嬉しいですね。それがモチベーションにつながっています。
佐藤
サービスという面では、受付ではただカウンターの中から案内するだけではなくて、外に出て直接ご案内する、何かお渡しする時も、きちんと相手に物が渡るまで丁寧にお渡しすることを心掛けています。

どんなお客様も受け入れる

山下
基本的には、どんなお客様でも入校をお断りすることはありません。身体的な障がいをお持ちの方の場合、当社だけでは判断できないことが出てくるので、まず免許センターの適性相談室に行って頂きます。そこで許可が出れば、プランを立てて教習を進めていきます。
ここ最近は、うつ病や統合失調症など、精神的な症状がある方も非常に多くなっています。そういったお客様にも、まずは適性相談室に行って頂きます。許可がおりた後は基本的に、ご本人と親御さん、窓口の責任者、応対した受付の4人で話し合います。
指導が厳しくなる時があるとか、教習回数が規定よりも延びてしまうかもしれないなどのリスクを説明して、それでも頑張って頂けるのであれば、私たちが精一杯サポートしていきますと伝えています。

会社の魅力は「人」!

佐藤
コアラドライブは、人間関係が素晴らしいと思います。
山下
魅力でいったら、やっぱり人ですね。社風もすごく大きいですけど、働いている人に魅力があります。年代や部署を問わず仲のいい方だと思います。下手したら家族より長い時間一緒にいるかも。
池田
山下さんは仕事のキャパも広いですけど、本当に人のことを良く見ているなという印象です。直属の上司とか部下とか関係なく、社員一人一人全体にしっかり目を配って声をかけたり、親身になって色々な相談を受けたり。「何でそこまで知ってるの!?」ってことまで知ってたりするんですよ(笑)。すごく憧れますし、そうなりたいです。
山下
池田は、傍から見ても情熱や愛情をもってお客様と接しているのが分かります。
お客さんからはもちろん、職場からの信頼も厚いです。
山下
佐藤は一生懸命で素直です。社会経験がないまま入社したので、言葉遣いや態度が本当に一年生という感じで、指導することが多かったです。でも電話応対で注意を受けても、積極的に電話を取ってくれたり、そういう姿勢は嬉しいです。
佐藤
働き始めた当初は、自分のことだけで手いっぱいで、笑顔でいる余裕なんてありませんでしたが、だんだんと人間関係ができてきて、相談できる先輩ができて、自分でもどうすれば仕事がうまくいくか分かってきたことで、笑顔でいられる余裕が生まれてきました。
山下
採用試験では、まず人柄を見ます。受け答えがしっかりできている方でも、人として魅力を感じないと選考に残さないかも。逆に、字が汚いなとか不器用だなと思っても、熱意が伝わってくるなら最終選考に推薦していますね。

やりがいを感じられる会社

山下
佐藤は芸術的なものが好きなので、今は入口のウエルカムボードの絵を描いてもらっています。リクエストしたキャラクターを描いてくれることもありますし、楽しんで仕事をしてくれるので嬉しいですね。
佐藤
ウエルカムボードは他のスタッフが担当していましたが、絵が得意ならやってみたらということで、代わりに任せてもらっています。ボーリング大会などのイベントのチラシのデザインも、自分が提案したものを採用してもらいました。
企業展(求人イベント)や交通安全教室にも行ったことがありますし、仕事が担当業務である受付だけではないというのは魅力的だと思います。
池田
新しい提案をしやすい環境です。上司も聞き入れて、意見を取り入れてくれます。意見を社長まで上げてくれますし。
また、資格を取りたいと希望すれば、やらせてくれます。現段階で二輪の女性インストラクターは私一人だけで、それまではいませんでした。二輪インストラクターを希望したところ、快く練習させてくれ、自主練習に先輩が付き合ってくれました。
山下
若手にチャンスをくれるのは社長発信ですね。僕も若手の頃は、そういうチャンスをもらっていました。僕は今の社長が改革を始めて一、二年経った頃に入社しましたが、当時と今では社風が全く違います。
改革前は、年功序列というか若手がいきいきできていなかった部分がありましたが、今の方がのびのびと仕事ができています。
池田
一言でいうと「元気な社風」です。人間関係もすごくいいですし、いろいろなやりたいことに挑戦できるし、同期や仲間と切磋琢磨できるので、すごく魅力的だと思います。全部を含めて、明るいというか、元気な社風がうちの特徴かなと思います。
PAGETOP
Copyright © 2017 CoaraDrive All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.